テレビをみる家族

歯を失う怖い病気とは

歯を失う原因は虫歯だけではありません。

ご自身の歯を失った場合、現状では多くの方はブリッジといわれる前後の歯をダミーの歯でつないだかぶせものをする治療を選ばれます。 保険診療の範囲内で済む場合が多く、費用も最小限で済みますがブリッジ治療のデメリットは前後の歯に負担がかかることです。まずかぶせものを作るのに前後の健康な歯を削らなくてはなりませんし、咬むときに3本の歯にかかる力を2本で負担しなければならず、歯周病の進行具合によっては前後の歯も失うことがあります。そうなってしますと入れ歯になる方も多いのが現状です。 虫歯になり詰め物で治す、虫歯が進行して神経を抜く、ぐらぐらしてきて抜歯、前後の歯も抜ける、入れ歯・・・。多くの方はこうして歯を失います。

インプラントという選択。

インプラント治療は失った歯の代わりに人工歯の土台を骨に埋め込み、その上部に補綴をするものです。前後の歯を削る必要もなく新しく歯を得ることができます。 入れ歯のように毎日取り外してお手入れをしなくて済むところもポイントのひとつです。インプラントは普段の歯磨きをちょっと丁寧にしていただくだけでケアができ、特別なお手入れは不要です。 そんなインプラント治療はすべての方が受けられるわけではありません。人工歯の土台を埋め込む骨の状態が適しない方(骨が薄いなど)は受けることができませんが増骨術も進歩しておりますので心配な場合は医師にご相談ください。 インプラント手術も進化し、今ではご自宅の近くの歯科医院でも対応しているところが増えていますので、お悩みの方は一度ご相談ください。